--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

25
2015  17:45:08

DIYのバイブルと言うべき本を紹介します

彼がどうしてもDIY関係の本を紹介させろというので、登場してもらうことにしました(^_^;)

-------------------------
どーもこんにちは!
しんたろです!
今日はDIYのバイブルと言うべき本を紹介したくて、彼女のブログに登場しました。

この本です!
P1060343.jpg

DIY SELECTS3木工バイブル-発想と制作手法
著者:荒井 章
出版社:エクスナレッジ

2008年出版なので、割と古い本になるんでしょうか。
私もDIYが好きでいろいろやってます。
本格的に取り組み始めたのは5~6年前くらいだったと思います。
手先は器用な方だと思っていたので、中学校の技術家庭科程度の知識しかなかったんですが、今はインターネットで情報収集できるし自己流でもだいじょうぶと、気楽に始めました。
はじめは道具にお金をかけるつもりもなく、普通ののこぎりで板をギーコギーコ切って、踏み台や棚を作っていました。
でも、出来栄えはあまりよくなく、真っ直ぐになるべきところが傾いていたり、ガタを踏んだり。
色を塗ってみてもムラができたり、厚ぼったく垂れてきたり。

上手に作れるようになりたいとインターネットを検索しても、とてもステキな完成写真が大きく出ているけど、一番知りたいところが書いてない…。
本屋で数冊指南書も購入してみました。写真入でわかりやすそうなものを選びました。
でも、のこぎりを真っ直ぐに扱えないんですよね。それと、切り終わりのときに少し割れてしまったりとか。

そんなとき、本屋でこの本を見つけました。
この手の本にしてはサイズが小さく、カラー写真も頭に数ページあるだけで、ぱっと見ちょっと地味な印象でした。
でもよく読んでみると、一番知りたかった「コツ」が満載!コツの固まりみたいな内容でした。
のこ引きはこの本のとおりにやるだけで一気にうでが上がりました。

他にも、スミ付けのときは、のこ歯の幅も書くなど、目からうろこの内容がたくさん。
加工だけではなく、設計の知識、材料の知識、塗装に至るまで、中級レベルまでに必要になる知識がすべて入っていると言っても過言ではないと思います。

このブログ、DIY関係のキーワードで検索されることが多いので、「始めたばかり」という方のために、ご紹介させていただきました!

ではでは。



-------------------------

…なっちです。
ひととおり語って満足したようです(ーー;)
お騒がせしました。

ランキングに参加しています。クリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 インテリアブログ かわいいインテリアへ
にほんブログ村
関連記事

 DIY&古い家を可愛く

 DIY バイブル

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。