--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

14
2015  17:09:15

簡単!誰にでもできるブドウ棚づくり!

この古い家に引っ越してきてから、色々な物を補修したり取り付けたりして楽しんでいます。

庭に、元に住んでいた方が育てていたと思われるブドウの木があり、これが結構立派な感じなんですが、引っ越したときがすでに冬で、手をつけられないまま一冬越してしまっていました。

それでも健気に芽を出し、葉が開きかけています!
P1050593.jpg

棚が作られてからかなり時間が経っているようで、加えて空き家の時期に手入れされていなかったようで、骨組みに使っている竹や物干し竿がかなり傷んでいたのと、冬の間の雪の重さでほとんど崩壊状態!
もうこんな感じでぐちゃぐちゃ
P1050236.jpg

作り直すにしても、冬に耐えられるものにしなければならず、かといってあまり予算もなく・・・

ネットでいろいろ調べてみましたが、パーゴラみたいに立派なものはムリ!
地面を掘ってコンクリートで基礎を作るとか、なんだかとっても大変そうです。
とりあえず初日は、崩壊状態のブドウ棚の解体と、ブドウの剪定をしました。

棚の邪魔な部分の解体が終わり、剪定中です。
P1050317.jpg

ちなみに、コンクリート塀の向こうは、裏のお宅です。
放置すると枝が伸びてご近所の庭を侵食しますね(すでに侵食中でした)

ごみも大量に出ました~
P1050337.jpg

竹はすべて朽ちてボロボロでした。
地面に立ててあった竹は、中がアリだらけでびっくりしました!

ブドウの木は全部で5本もあって、もうそれはグチャグチャに絡み合って、少しずつ剪定しながらじゃないと現状さえもわからない状態でした。
どの木をどうしたら良いか分からず、とりあえず芽が出ていない枝を探し、ちょっと曲げてみてぽっきり折れるのは枯れていると判断して切り詰めていきました。
でも、1本は間違って幹の部分からばっさり!
P1050304.jpg

切り口からぽたぽたと結構な量の水が滴ってきました。
他にも、枯れていると思って切り詰めた枝からも水が滴ってました。
少し時間が経つとゼリー状になって不思議な感じでした・・・
「植物ってすごいね~」と二人で感心してました。

そうこうして、やっと絡み合っている枝を全部解き、ブドウ棚を作れる状態になりました。

今回はほぼ大工仕事なので彼が担当です!
インターネットで作り方を調べましたが、パーゴラみたいにがっちりしっかりしたものの情報ばかり。
地面に穴を掘って基礎を作って・・・なんてちょっとハードルが高すぎです。お金もかかります。
ご近所さんに、建築の足場で使うような丈夫な鉄パイプでブドウ棚を作っているお宅があり、そういう作り方もあるかな・・・とか色々と悩んだのですが、田舎の父に電話をして聞いてみたら「そんなもの簡単にできるべさ~」と今まで悩んでたものを吹き飛ばすような答え

実は、実家のベランダには巨峰の木が立派に育ってるんですよ。
しかも、時期になると巨峰がたくさん実ってベランダにいて手を伸ばせば取って食べられるようにしてあるんです。
ブドウ棚も山にある木を切って自分で作ったとか・・・

そして、ブドウ棚を作る上でまず注意されたのが、「ブドウの木は今切ったら駄目だからなぁ~。水分が出て枯れるぞ!」ということと、「鉄パイプを棚に使ったら駄目だぞ~。真夏に枝やツルが鉄の熱で焼けるからな~」ということ。
要するに、杭と木の棒で簡単に作れ、ということでした。
他にも何点かポイントを教えてもらい、電話を切りました。

電話を切った後に彼と、
・・・枝、切ったよね

取りあえず棚を作って、枯れないことを祈りつつ様子を見ようということになりました。
幹や枝から水が出てるのを楽しく二人で話していたのに・・・こんなことになるなんて何だか笑っちゃいました

次の日、ホームセンターで材料を買ってきましたよ!
P1050425.jpg

持っている道具も一緒に写っちゃってますが、買ってきたのは、
43ミリ角で長さ60センチの杭、6本
45ミリ角で長さ180センチの角材、8本
20ミリ×45ミリで長さ180センチの角材、10本
防腐剤(塗料みたいなもの)、1缶
1.2ミリで長さ2メートルの緑色の針金、2つ
杭を打つ大きな木槌、1つ
です。
角材は束で売っている方が安かったので、予備も考えてこの量を買いましたが、結局少し余りました。

まず防腐剤を塗りました。
杭と、
P1050429.jpg

柱になる角材
P1050432.jpg

この防腐剤、一番安いものを買ったんですが、主成分がたぶんタールなんですね!
くっさいのなんの!ひどいニオイです。
いまさらながら、植物への影響が気になります

乾いたらくい打ち!
P1050443.jpg

まっすぐ打つのが非常に難しいそうです。
垂直っぽいですが、よく見るとねじれてます!
P1050444.jpg

まー細かいことは気にしないで進めます!

あとは、6本の杭に45ミリ角の角材をビスで打ち付けて柱にして、横方向に少し薄い方の角材をぐるりと渡して骨組みは完成!
上部は少し傾斜をつけてみました。
P1050599.jpg

ツルが絡まりやすいように、上部に緑色の針金を数箇所張って、できあがりです。
ブドウの木は、向きを補正するために荷造りひもで数箇所縛っておきました。
(なんと敷地内に木製の電柱が立ってますよ~それを囲むような形になってしまいました)

今のところひどく枯れている部分は見当たらないので、このまま育ってくれるといいですね~。
ブドウの木がかなりすっきりしたので、足元の植物が目立つようになりました。
ここもキレイにしなきゃ。

結局、杭を打ってそれに柱を立てて角材でぐるりと囲む、という一番簡単な方法で完成しました。
今回も、やればできるって感じでしたよ!

**6/7追記**
その後の様子を記事にしましたのでこちらもご覧ください!

ストレートパーゴラダブル 1SP アルミ製組立式 W1600×D3100×H2440 【smtb-ms】

価格:128,045円
(2017/12/19 11:30時点)





関連記事

 我が家のブドウ

 ブドウ棚 針金 角材 ビス止め

- 4 Comments

*mikurin*  

はじめまして^^

葡萄のこと参考になりました
ありがとうございます
我が家も2本もあり 切ろうかと思ってました
読ませていただいてよかったです(#^_^#)
またきますね

2015/05/19 (Tue) 11:07 | EDIT | REPLY |   

なっち(^^)v  

Re: タイトルなし

はじめまして!コメントありがとうございますe-343
我が家のブドウの木は、枝を切ってしまったにも関わらず葉っぱが開いてきました
水が流れ出てた部分はゼリーみたいなものが出て乾いてフタをしたような感じになってます(笑)
木の生命力ってすごいなぁって関心しました
木ってどういうものか分からないと結構無茶なことをしてしまいますよね(笑)
早い段階で *mikurin*さんに読んでいただいて良かったです!
立派なブドウが生ると良いですね・・・

2015/05/19 (Tue) 16:43 | EDIT | REPLY |   

濱田基久  

お忙しい所すいません。
巨峰は雨ざらし無農薬栽培で収穫できますか?

2017/10/28 (Sat) 17:56 | EDIT | REPLY |   

なっち(^^)v  

Re: タイトルなし

こんにちは。コメントありがとうございます。
巨峰については知識がなくわかりません。

2017/12/13 (Wed) 10:58 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。