--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

11
2015  12:34:17

トールペイント(手作りの壁掛け時計)

昨日に引き続き、自分で描いたトールペイントです!

P1040243.jpg

こちらはトールペイントを始めてから半年くらい経った頃に描いたものなので、今良く見ると駄目な部分がたくさんあるのですが、一生懸命描きました。

ちょうどいい大きさの板をホームセンターから買ってきて、ジグソー(曲線を切るのこぎり)でこの形に切りました。切ったのは木工が趣味の彼なんですけどね

こちらの絵もいつもと同じく古屋加江子先生の本を見よう見真似で描きました。

考えてみると、私って花の絵はあまり描かないほうかもしれないです
トールペイントって花の美しさに惹かれて、こんな綺麗な花を描いてみたい!と思い、始める方が多いんじゃないでしょうか・・・
小さな頃から動物が大好きなせいか、私が描いてみたいと思う絵って動物がどこかにいるんですよね。
うさぎは飼ったことがないのですが、うさぎの絵は大好きです。癒されるのと、おとぎ話が似合うからかな・・・
なので我が家にはうさぎの置物や人形や絵がたくさんあります。
考えてみたら分別ゴミ箱に描いた絵もうさぎでした

時計の中の兵隊さんや、ピエロのおもちゃが外国っぽくてお気に入り
P1040245.jpg

こちらのブロック?積み木は古くなって色がかすれた感じを出しているのですが、初めての経験だったので苦労しました・・・
P1040246.jpg

アメリカンカントリーには欠かせない人形とテディーベアーもいます。
P1040251.jpg

うさぎ、さる、フレンチブルドックはトールペイント歴が半年の私には苦労しました・・・
P1040252.jpg
特に、さるの毛と顔に時間がかかりました。

時計の中心部分にも手作りテディーベアーの絵が描かれています。
P1040249.jpg

分かり辛いかもしれませんがこんな感じです・・・
P1040250.jpg
目がボタンっていうのが可愛いですよね

最後は古くなってくすんでるように見せる仕上げをしてます。

時計のムーブメント(電池を入れる機械の部分)と針はインターネットで購入しました。
最初この時計を作ってみたいと思ったときに、時計の部品って高いんだろうな~と心配したのですが、思ったほどでもなくて、針もいろいろな種類があって選ぶのが楽しかったです。板の厚さに合わせて、ムーブメントのシャフトの長さを選ぶというのがポイントでした。
材料費は、板と時計の部品を合わせても3千円もかかっていないと思います。その分、加工の手間はかかっていますが
でも手作り時計って温かい雰囲気があって良いものですね

この時計は、リビングで使っていますよ~~

木材を曲線に切る電動ジグソーはこちらから入手できますよ。


ランキングに参加しています。クリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 インテリアブログ かわいいインテリアへ
にほんブログ村


関連記事

 トールペイント

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。